武蔵小杉から徒歩4分
武蔵小杉おさだ内科
  044-789-8630
 初診WEB予約

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群
(SAS:Sleep Apnea Syndrome)

・日中の眠気
・大きないびき
・起床時の頭痛
・熟睡感がない


睡眠時無呼吸症候群はこのような症状を引き起こす場合があります。睡眠中に無呼吸を繰り返す病態の総称です。
高血圧の方で、薬が効かない方の80%は、睡眠時無呼吸症候群を合併しています。
また、SASは、睡眠不足や低酸素により生活習慣病(肥満・糖尿病・心臓疾患)も悪化させます。言い換えるとSASの治療は、生活習慣病のコントロールにつながります。

睡眠時無呼吸症候群は
まれな病気?

SASとは「睡眠中に無呼吸を繰り返す病態の総称」です。
日本人の2〜4%、約240万人がSASに罹患しているといわれています。高血圧や糖尿病などの生活習慣病を患っている方では、さらに高い率でSASが合併していることが分かっています。特に、薬が効かない高血圧(薬剤抵抗性高血圧)の方の約80%にSASが合併しており、薬が効かない原因はSASではないかとも言われています。このように実はSASは身近に潜む病気なのです。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状

SASは睡眠を妨げることにより、以下のような症状を引き起こす場合があります。

・日中の眠気
・大きないびき
・起床時の頭痛
・熟睡感がない など

睡眠時無呼吸症候群は全身疾患です

SASは呼吸が止まったり、いびきをかくことから局所の病気と思われがちです。しかし、SASは睡眠不足や低酸素により、眠気だけでなく生活習慣病を引き起こすといわれています。このことから、生活習慣病の発症と悪化につながると考えられています。
早期にCPAP療法などの適切なSAS治療を行うことで、生活習慣病をコントロールすることが可能です。

検査は自宅で行う、
簡易検査です。

呼吸がとまっていないか?酸素濃度が低下していないか?
チェックする検査です。

検査の内容

この検査は、主に睡眠時無呼吸症候群(SAS)を簡易的に判断するための検査です。
手と顔にセンサーをつけて、眠っている間の呼吸と血液中の酸素(濃度)の状況を調べます。
少しわずらわしいと感じるかもしれませんが、痛みを伴う検査ではありません。
安心して検査をしてください。

気流センサー

口鼻からの気流を測定し、無呼吸や呼吸が弱くなった状態(低呼販)が無いかを調べます。
1時間あたりの無呼吸や低呼吸の数(無呼吸低呼吸指数:AHi)を算出します。SASの重症度を診断する上で重要な指標です。

動脈血酸素飽和度

血液中の酸素濃度の目安をパーセントで表示します。
換気が悪くなると、酸素濃度が下がり、体に悪影響を与えます。換気の指標となる重要な測定項目です。

診断

医師が呼阪状態と血液中の酸素(濃度)の変化を総合的に評価し、SASの疑いであるかどうかの判断を行います。
SASの疑いがある場合、PSG検査(*)を行うことがあります。

※PSG検査

PSG検査とは、眠っている間の睡眠と呼吸状態を調べる検査です。睡眠中の検査の為、入院の必要がありますが、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断をする上でとても大切な検査です。

治療はCPAPを使用します。

(CPAP:Continuous Positive Airway Pressure)

経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)とは

CPAP療法は睡眠時無呼吸症候群の一般的な治療法です。

CPAP療法はSASに対してとても有効で一般的な治療法です。日本で20万人以上の方が行っており、年間1〜2万人以上の方が新たに治療を始めています。

CPAP療法は睡眠時に常に気道に陽圧をかけることで、睡眠中の気道の閉塞を防止します。
治療には、CPAP装置と専用のマスクを使用します。

TOPへ