武蔵小杉から徒歩4分
武蔵小杉おさだ内科
  044-789-8630
 初診WEB予約

貧血

貧血とは

息切れ・動悸:
酸素運搬障害 耳鳴り・めまい・頭が重い・舌炎(ベロが荒れる)・嚥下障害・爪が割れやすくなる・冷たいものを飲みたくなる

貧血の原因

消化管からの出血
胃・十二指腸の潰瘍・炎症・痔・がん

婦人科系臓器からの出血
月経・子宮筋腫・子宮内膜症

・消化管手術や胃炎などで鉄を吸収機能が喪失・低下した。
・ヘリコバクターピロリの感染での胃炎。
・体の成長や、妊娠で鉄の必要量が増えた。
・ダイエットで鉄分の摂取量が不足した。
・そのほかビタミンB12 葉酸の吸収障害。
・赤血球を成熟させるエリスロポエチンの分泌不足。
・銅などの微量元素不足などがあります。

貧血の種類

鉄欠乏性貧血

酸素を運ぶのに重要な役割を担う赤血球を作るのに必要な鉄分が不足することで生じる貧血。
出血や吸収障害で鉄が不足することにより乗じます。

再生不良性貧血

骨髄(骨の内側にある)にある造血幹細胞の減少で血液の成分がすべて減少してしまう状態。
造血幹細胞:血液の赤ちゃん(赤血球、白血球、血小板になる前のどれにでもなれる細胞)

二次性貧血(続発性貧血)

・長期間炎症が継続した場合に生じる貧血
ウイルスや細菌感染 関節リウマチなどの膠原病など
・腎臓や肝臓の機能が低下した場合などに生じる貧血
慢性腎不全・糖尿病性腎症
・がんになってしまった場合に生じる貧血
胃がん・大腸がん
・甲状腺機能低下症・副甲状腺機能亢進症・副腎皮質機能低下症

悪性貧血

赤血球をつくるのに必要なビタミンB12、葉酸が不足して、赤血球をつくる数が減少してしまった状態。
・ビタミンB12不足:胃を切ったあと(胃酸が減少するとビタミンB12が吸収できなくなる)
・葉酸不足:アルコールだけ飲んで、通常の食事がとれなくなってしまう人に起きやすい

貧血の検査を行う際にはどのような検査

血液検査を行います。出血を考えさせる所見や、血液をつくる材料不足の所見がなければ、二次性の貧血の原因を調べます。造血機能が低下している所見があれば、骨髄検査を行います。

貧血に効く食べ物(食事)

野菜・果物:ビタミンCで鉄吸収を増加させる
しじみ・あさり:ビタミンB12を多く含む
緑黄色野菜:葉酸を含む
レバー・大豆・魚:ヘモグロビンをつくるのに必要な銅が多く含まれる
肉・卵・乳製品:鉄の吸収を高める

サプリメントについて

鉄不足を補うサプリは、補助食品としては有用です。ただし病院で処方する鉄材のほうが鉄分含有量が多く、効果的です。

貧血が続く際に考えらえる疾患

消化管出血がつづく疾患:胃潰瘍・十二指腸潰瘍・大腸ポリープ・大腸がん
婦人科系の疾患:子宮筋腫・子宮内膜症
骨髄の病気:再生不良性貧血など・二次性貧血にあげた疾患

貧血の際に処方するお薬

鉄材が基本です。そのほか不足していれば、葉酸 ビタミンB12を処方することもあります。 胃・十二指腸潰瘍・炎症などであれば、PPI(タケプロン)などを処方することもあります。 骨髄の病気であれば、また特殊な薬が必要になります。

TOPへ